半導体設計とはどんな仕事?

ページ内を移動するためのリンクです。

半導体設計

半導体設計とはどんな仕事?

半導体の求人状況はどのようになっているのでしょうか。企業は半導体エンジニアに何を期待し、どのような人材を募集しているのでしょうか。

現在、日本国内では多くの産業分野でエンジニアが不足しているといわれています。製品になくてはならない半導体関連の業界でも、やはりエンジニアを求める需要が高まっているのです。中国や台湾、韓国などが急激に伸びる中、日本がIT産業で優位を保つためには、ぜひとも半導体設計の能力を強化しなければなりません。

一口に半導体集積回路の設計といっても、半導体の機能目的を決定する「システム設計」、これを電子回路で実現するための「ロジック設計」、さらに実際にパーツを並べて詳細な回路を検討・設計する「回路設計」、ICチップの中で回路の配置を決定する「レイアウト設計」などに分類されます。こうした設計はほとんどがCADやCAMで行われるため、これらの操作が行えるのはもちろん、Verilog-HDL、VHDLなどで、回路記述の経験があれば理想的です。

この様に半導体エンジニアの仕事は多岐に亘ります。経験があることはもちろん理想的ですが、半導体の求人募集においては必ずしもそれだけでは無い様です。では、どのような人材が求められているのでしょうか。次のページで詳しくご紹介します。

目的に応じた3つのメリット
  1. KEYWORD キャリアアップしたい! エンジニアとして成長する → スキルアップを着実に伸ばせる仕組み
  2. KEYWORD 未経験からでも目指したい! これからエンジニアになる → チャレンジを支援する仕組み
  3. KEYWORD エンジニアであり続けたい! これまでのキャリアを活かす → 培った経験・スキルを活かす仕組み

会社説明会や選考なしのご相談の方 すぐに選考を進めたい方 相談する/エントリー

募集要項を見る

相談する/エントリー 会社説明会やキャリア相談もこちら

募集要項を見る

ものづくり系お仕事情報サイト 派遣登録はこちら

IT系お仕事情報サイト 派遣登録はこちら

学生のみなさんへ新卒採用情報サイト

ページの先頭へ

総合人材サービスのリーディングカンパニー 株式会社スタッフサービス  エンジニアリング事業本部
Copyright © STAFF SERVICE All rights reserved.