亀山 和也|40代で管理から設計にチェンジした社員のホンネ

ページ内を移動するためのリンクです。

社員のホンネ

  • SSEにはエンジニアのスキルを上げる最短のルートがありました
  • 41歳 茨城県勤務 2007年6月入社
    所属:水戸テクニカルセンター
  • 【機械系エンジニア】詳細設計
    • 以前はメンテナンスの企業でプラント保守全般業務を担当
    • 今は火力プラントの配管設計を担当
  • 取材日:2015年1月

入社動機

前職は、メンテナンスの企業でプラント保守点検及び定期点検の責任者やメンテナンス機器の安全評価を含めた設計業務に携わっていました。勤続年数を重ねていくうちに、現地責任者業務が業務全体の大半を占めるようになってしまい、自分のやりたいと思っていた設計業務から遠ざかってしまいました。設計業務に携わりたいという思いを捨てきれず、転職を決意しました。転職決意後、設計スキルを上げる最短ルートは、『大手企業の設計思想や設計基準をしっかり学びながら、実務経験を積むこと』と考えている時に、転職サイトでスタッフサービス・エンジニアリング(SSE)を知りました。面接時にいろいろ話を聞いていくうちにSSEには自分自身が考えた最短ルートがあると思い入社を決めました。実際、配属先になった大手企業で設計スキルをしっかり学ぶことができ、最短で設計スキルを上げることができました。

担当している仕事内容

火力プラントの配管設計に携わり、配管の設計条件を基に強度計算を行い、配管仕様(材質・肉厚等)の選定、その配管仕様に合わせた材料の手配、配管製作図の作図、メーカーへの配管製作発注等の一連業務を担当しています。また、配管に付属する部品の設計、製作図の作図及び部品の発注も行っています。

仕事のやりがい

ひとつのプラントを作り上げるプロジェクトの中に、自分が設計者として携わっている事にとてもやりがいを感じると同時に気の引き締まる思いもあります。完成という一つの目標に向かって全力で進んでいる数多くのエンジニアの一人として、責任を持って業務に取り組んでいます。

つらかったこと

最初の1年は、配属先企業の社内規定やシステムを理解することがとても大変でした。その後は担当業務の範囲が広いため、業務全てを把握すること。また、業務効率を上げるため、改善をすることが苦労した点です。また、現在は担当の大半が海外プラントであるため、海外規格の理解に苦労しています。

いままでの実績

配属先企業の社内規格やシステムをいち早く理解し、覚え、即戦力になれるよう努力したことが評価され、主担当としてプラントを任されるようになりました。また、設計部門の溶接事業者検査員となり、溶接検査に必要な図面や図書の作成も担当しました。このような業務が評価され、3年連続で配属先企業の社内表彰を受賞することができました。

  • 一日の過ごし方
    • 7:50
    • 出社メールチェック及びSSEリーダー職の業務
    • 8:50
    • 始業設計業務
    • 12:15
    • 昼食
    • 13:00
    • 設計業務
    • 17:20
    • 退社水曜日は定時退勤日
    • 21:35
    • (業務進捗により残業の場合もあり)
  • 休日の過ごし方
  • 天気の良い休日は家族みんなでテニスをしたり、私は料理を作るのが好きなので、夕飯を作って家族にふるまっています。また現在、自分自身のキャリアプランとして、QC検定2級の取得、英語力UP及び技術士取得を目標としているため、通勤時及び休日に勉強しています。朝早く起きて勉強したりもしています。(子供が寝ている間に勉強しないと一緒に遊んでしまいますので・・・) SSE入社後、QC検定3級及び溶接構造物技術者2級、3級(配属先企業の資格)を取得しました。

技術者としての夢・目標

私の技術者としての目標は、幅広い知識を持ったエンジニアです。設計の知識だけでなく、製造や検査など他部署のいろいろな知識を理解し、品質の良い製品を責任を持って顧客に提供できる『ものづくりのエキスパート』になりたいと思っています。

転職活動中の技術者へメッセージ

私は、自分が考えたエンジニアのスキルを上げる最短のルートがSSEにあると思い入社しました。人それぞれ考え方は違いますが、SSEの充実したサポート制度をしっかり理解し、真面目に取り組むことが目標への近道だと私は思います。また、エンジニア同士の横のつながりとしてユニット活動が行われ、同じ目標を持った仲間との勉強会やレクリエーションに参加することができます。仲間とのつながりが持て、コミュニケーションを図ることでモチベーションを高められます。SSEで一緒に『なりたい自分』を目指しませんか。

あなたにとってのメリットを確認する

目的に応じた3つのメリット
  1. KEYWORD キャリアアップしたい! エンジニアとして成長する → スキルアップを着実に伸ばせる仕組み
  2. KEYWORD 未経験からでも目指したい! これからエンジニアになる → チャレンジを支援する仕組み
  3. KEYWORD エンジニアであり続けたい! これまでのキャリアを活かす → 培った経験・スキルを活かす仕組み

会社説明会や選考なしのご相談の方 すぐに選考を進めたい方 相談する/エントリー

募集要項を見る

ページの先頭へ

総合人材サービスのリーディングカンパニー 株式会社スタッフサービス  エンジニアリング事業本部
Copyright © STAFF SERVICE All rights reserved.