高橋 仁司|未経験からエンジニアになった社員のホンネ

ページ内を移動するためのリンクです。

社員のホンネ

  • ココには信頼できる人がいる そう感じたことがSSE入社のきっかけでした
  • 36歳 愛知県勤務 2008年11月入社
    所属:豊田テクニカルセンター
  • 【制御系エンジニア】ソフト開発
    • 以前は教育業界で塾講師として従事
    • 今は車両の衝突回避システムの開発を行いシミュレーションの構築・運用を担当
  • 取材日:2015年8月

入社動機

きっかけは、会社説明会でのスタッフサービスの採用担当者の一言でした。『高橋さんのできることを一緒に考えていきましょう!』と話してくれた、あの瞬間。今でも記憶に残っています。
前職を辞めてすぐに転職活動を開始しました。当時の私は、転職先の選定では企業担当者の人柄を重視していました。その方と一緒に笑って仕事ができる自分を想像できるか、を基準に企業様の面接を受けていきました。そんな中、スタッフサービス・エンジニアリング(SSE)と出会ったのはある合同企業説明会の会場です。スタッフサービスの採用担当者は、私がどんな人物で、どんな能力があり、これからどんな風に生きたいか、といったことをヒアリングしてくれたので、『あぁ、この人は私のために一緒に仕事を考えてくれる、私もこの人のために働きたい』——そんな思いを抱きました。
私は、仕事を進める上で、社会の歯車の一つとして機能することを肯定的に受け取っています。しかし、それも他の歯車が信頼できているからこそ成り立つものと理解しています。
ココには、信頼できる人がいる。それを感じたからこそスタッフサービスに入社し、今も前向きに仕事ができています。


担当している仕事内容

現在、車両の衝突回避システムの開発に携わっています。『ぶつからないクルマ』が有名ですね。衝突回避システムとは、衝突の危険性があるときにドライバーに対して警報を鳴らすことで注意喚起を促し、衝突回避が困難とシステムが判断した場合は、ブレーキをかけるシステムです。私達は、様々な道路状況で最適なタイミングでシステムを作動させるロジックをモデルベースで開発しています。そのシステムの性能検証のために、あらゆるシーンに対する走行データを大規模データサーバに格納して膨大な量のシミュレーションの繰り返しが必要になります。私は、そのシミュレーション方法の構築と運用を担当しています。

仕事のやりがい

私を必要としてくれる人がココにいる、この一点につきます。現場には様々な人がいて、それぞれが違う悩みを抱えています。もちろん、容易に解決できない悩みもたくさんあります。しかし、情報分野の技術を提供することで解決できる悩みもあります。私は、『自分の技術を提供することで誰かに貢献できる』ことを楽しみにして、それに向けて行動できる今にやりがいを感じています。

つらかったこと

信頼できる仲間との『サヨナラ』ですね。配属先で一緒に働くエンジニアが部署異動したり、スタッフサービスの営業担当やマネージャーの社内異動。自分の配属先が異動になることもあります。こういったイベントは、どこにでも転がっていることで、誰にでも起きることとは思いますが、何度経験しても慣れないです。その時期はいつも本当にさみしいですね。

いままでの実績

現配属先に就業開始して約1年半が過ぎ、データ解析プロセスの構築が一通りできました。現部署内でデータ解析のパイオニア的存在になり、私が中心になって作ったプロセスを他部署も参考にしながらそれぞれに解析プロセス構築をしています。今後は、次期型プロジェクトでさらに解析範囲の幅を広げる必要があるので、そこに注力していきます。

  • 一日の過ごし方
    • 9:00
    • 出社 昨日までの業務の進捗状況の確認
      ⇒プロジェクトの大日程と照らし合わせて本日やることを決める
    • 10:00
    • 本日のデータ解析開始
    • 12:00
    • 昼食
    • 13:00
    • 午前開始したデータ解析の進捗状況の確認
       ⇒著しい遅れがあれば、次のスキルアップ時間は挽回に当てる
    • 13:30
    • スキルアップ時間
      ⇒この時間は、自分自身のスキルアップに当てる
    • 15:00
    • プロジェクトの課題整理
      ⇒課題解決するための改善提案やツール開発
    • 17:00
    • 本日の業務の進捗状況の確認
      ⇒朝立てた計画に対して、大きな遅れがないか確認
    • 18:00
    • 明日朝までのデータ解析をPCに仕掛ける
      ⇒人がいない夜間にできるシミュレーションを実行する
    • 19:00
    • 退社
  • 休日の過ごし方
  • 土日は卓球をしています。中学から初めていますので、経験年数は20年を超えました。年数の割りに決して上手くはありませんが、年間約20試合ほどエントリーしています。休日を充実させるために平日は仕事に没頭し、休日は卓球でリフレッシュして月曜日を迎えます。このサイクルを回していますので、金曜日には早く卓球をしたくなりますし、日曜日の夜には早く仕事を始めたくてウズウズした気持ちになります。

技術者としての夢・目標

将来ビジョンとしては、一分野のスペシャリストではなく、全体プロセスをマネジメントし、状況にあった最適解を提案できる技術者を目標にしています。特に、全体プロセスを見る中で、自分個人のエンジニアとしての活躍を目指すのではなく、他のエンジニアを育成し、全員で協力しながらプロジェクトを進められる、そんなエンジニアが理想です。それを実現するためにも、まずは自分の技術力向上を目指して日々努力しています。

転職活動中の技術者へメッセージ

私は『エンジニア経験ゼロ』でSSEに入社しました。転職したときは、エンジニアになりたくて入社したわけではありません。もちろん、『エンジニア経験ゼロ』に対する不安はありました。ですが、SSEの営業担当やエンジニアの皆様に会う度にその気持ちはだんだんと小さくなっていきました。その理由は、実際に経験していただけないと、説明するのは難しいです。そこで、このHPをご覧になっている皆様も、ぜひ当社の営業やエンジニアに会ってみてください!私自身も、皆様との新しい出会いを楽しみにしています。

あなたにとってのメリットを確認する

目的に応じた3つのメリット
  1. KEYWORD キャリアアップしたい! エンジニアとして成長する → スキルアップを着実に伸ばせる仕組み
  2. KEYWORD 未経験からでも目指したい! これからエンジニアになる → チャレンジを支援する仕組み
  3. KEYWORD エンジニアであり続けたい! これまでのキャリアを活かす → 培った経験・スキルを活かす仕組み

会社説明会や選考なしのご相談の方 すぐに選考を進めたい方 相談する/エントリー

募集要項を見る

ページの先頭へ

総合人材サービスのリーディングカンパニー 株式会社スタッフサービス  エンジニアリング事業本部
Copyright © STAFF SERVICE All rights reserved.