エンジニアの正社員転職準備について

ページ内を移動するためのリンクです。

エンジニアの適材適所テクニック-「適材」の磨き方

エンジニアの正社員転職準備

エンジニアにとって、転職とはキャリアメイクのチャンスです。例えば同じジャンルと言える「機械設計」という範囲で転職を考えるにしても、別の機械を設計するとなると全く違う関連技術を知り、市場の要求も大きく変わることになります。うまくそのバリエーションを経験していくことは、マネージングエンジニアとして幅の大きな技術者になっていくことになります。
逆に、いかに精通していると言っても、1つの業界、1つの組織、1つの製品だけでは、果たしてこの先、どのようにして大きくなっていけば良いのか分からないのではないでしょうか。転職は今の職場がいやになったからするものではなく、幅を広げるためのものだと考えてください。
こうしたところから準備について少し整理してみると、転職を考えたらまず、

今の職場で何を学んだか、これから転職までに何をまとめるか

エンジニアは転職によってキャリアの幅を広げていきます。幅の「原点」となるのは今の職場です。仮に今あなたが「今の会社じゃだめだ」「もう何も吸収するものがない」なんて思っていたとしても、それを転職先にぶつけても仕方ありません。冷静に「どんな経験をし、何を学んだか」をまとめることです。技術者の専門分野としての経験だけではなく、仕事についての意識、姿勢、新しい技術学習への取組み、リーダーシップ、チームワーク、語学などを書きだしてみましょう。

別の技術分野等への関心の持ち方

あらゆる技術分野はIT技術を取り込む形で融合しつつあります。半導体設計なら当り前に思えるかもしれませんが、機械設計だって、その稼働状態をネットからモニタリングできたり、トレーサビリティ情報を発信したり、記録をデータベース化していったり、さまざまな形で情報技術と縁が深くなっています。また、使用部材と環境保全、リサイクリング、高齢者などに優しい設計など、関連する領域はどんどん広がっているといっても過言ではありません。

自分が目指す技術分野の周辺にどんな技術領域があるかは、専門雑誌を読むなどすれば分かってくるもの。転職実行までのわずかな期間であっても、関心を持ち、情報収集することが欠かせません。自宅のPCでサーバ構築したり、データベースを設計・運用してみるなど、手軽に体験できる技術領域も少なくありません。必要と見定めたものは身に付ける、という姿勢が大切です。

ヒューマンスキルを忘れずに

関連分野が広がるということは、エンジニアのコミュニケーション範囲も広がるということです。多様で多くの人と話し、まとめていかなければ技術者の舞台は広がらないのです。転職を志したら、コーチングやグループワークの参考書を読んだり、手近な人間関係の中で実践を行なうなどして、ヒューマンスキルも広げていくようにしましょう。

あなたにとってのメリットを確認する

目的に応じた3つのメリット
  1. KEYWORD キャリアアップしたい! エンジニアとして成長する → スキルアップを着実に伸ばせる仕組み
  2. KEYWORD 未経験からでも目指したい! これからエンジニアになる → チャレンジを支援する仕組み
  3. KEYWORD エンジニアであり続けたい! これまでのキャリアを活かす → 培った経験・スキルを活かす仕組み

会社説明会や選考なしのご相談の方 すぐに選考を進めたい方 相談する/エントリー

募集要項を見る

相談する/エントリー 会社説明会やキャリア相談もこちら

募集要項を見る

ものづくり系お仕事情報サイト 派遣登録はこちら

IT系お仕事情報サイト 派遣登録はこちら

学生のみなさんへ新卒採用情報サイト

ページの先頭へ

総合人材サービスのリーディングカンパニー 株式会社スタッフサービス  エンジニアリング事業本部
Copyright © STAFF SERVICE All rights reserved.