CADオペレーションの仕事内容について

ページ内を移動するためのリンクです。

CADオペレーション(製図・設計)の仕事

CADオペレーション(製図・設計)の仕事への転職とは?

【CADオペレーションの仕事とは】

CADの経験者がCADを使う仕事に転職したい、という場合にはどんな仕事の可能性があるでしょうか。 CADを扱う職種としては、CADオペレータやCADエンジニアが挙げられます。CADオペレータは設計者が作成した下書きの設計図や、手書きのラフ図面をもとに、CADで正確な図面にトレースするのが主な仕事内容です。CADエンジニアはCADを使って設計・製図にあたる職種です。

【CADが生かされる幅広い現場】

CADオペレーションと一口でいっても、機械分野のCADデータや回路設計のCADデータ、エレベータの平面CADデータなどのほか、構造設計、設備設計、土木設計、確認申請など、目的に応じて多くのCADソフトがあります。また、工業製品の設計金型の設計、アパレルの分野でも、近年はほとんどがCADで作成されています。
CADオペレータといった職種の人でなくても、設計や開発に関わる人にとってCADに通じていることはもはや必須の能力と言えます。

CADでの図面作成の仕事内容は、家屋の間取りなど単純な図面をトレースするものから、建築の設計図面や、設備・インテリアなどの図面の作成、建築図面のCADデータから、3Dのモデリングを作成していく3D CADでの仕事までまさにいろいろ。工業分野では製品の企画・開発や設計段階での図面作成、金型・配管・電気配線などの図面作成にもCADはさまざまに活用されています。
また、アパレル分野ではCADを使ったパターン設計や、そのパターンにテクスチャーやカラーのマッピングを行い、3Dで表示させるといった仕事もCADエンジニアの仕事になります。さらに、3Dのモデリングもベースに、製造物の特性・性能を解析するといった仕事もあり、求められるCADのスキル・レベルもさまざまです。
派遣でCADの仕事をする際は、派遣先の設計業務の内容を十分に把握し、設計者の意図を読み取って図面を仕上げ、頼りにされるようになることが大切です。

目的に応じた3つのメリット
  1. KEYWORD キャリアアップしたい! エンジニアとして成長する → スキルアップを着実に伸ばせる仕組み
  2. KEYWORD 未経験からでも目指したい! これからエンジニアになる → チャレンジを支援する仕組み
  3. KEYWORD エンジニアであり続けたい! これまでのキャリアを活かす → 培った経験・スキルを活かす仕組み

会社説明会や選考なしのご相談の方 すぐに選考を進めたい方 相談する/エントリー

募集要項を見る

相談する/エントリー 会社説明会やキャリア相談もこちら

募集要項を見る

ものづくり系お仕事情報サイト 派遣登録はこちら

IT系お仕事情報サイト 派遣登録はこちら

学生のみなさんへ新卒採用情報サイト

ページの先頭へ

総合人材サービスのリーディングカンパニー 株式会社スタッフサービス  エンジニアリング事業本部
Copyright © STAFF SERVICE All rights reserved.